ウェブサービスを作っています。

Rails で本番環境の deprecation warning を独自ログに出力する

Rails 5.0.6 で確認しています。

もっと良い方法がある気もするので、ご存知でしたら教えていただけると幸いです。


config/environments/production.rb (デフォルトで :notify になっていると思います)

config.active_support.deprecation = :notify

config/initializers/deprecation.rb

logger = Logger.new(Rails.root.join('log/deprecation.log'))

ActiveSupport::Notifications.subscribe('deprecation.rails') do |*args|
  data = args.extract_options!
  logger.info data[:message]
  logger.info data[:callstack] * "\n"
end

参考

CircleCI 2.0 + circleci-bundle-update-pr で、自動 bundle update

昨日の続きで、CircleCI 2.0 を使い、毎日 bundle update を自動実行する設定例です。

circleci-bundle-update-pr という便利なツールを使用させてもらいます。

circleci-bundle-update-pr の README にも設定例は掲載されていますが、別の例ということで。

2017/12/01 現在の情報となります。

以下の例では、平日の日本時間午前 9:00 (UTC 0:00) に、ジョブを実行します。


.circleci/config.yml

ruby_image: &ruby_image
  circleci/ruby:2.4.2

bundle_cache_key: &bundle_cache_key
  bundle-{{ checksum "Gemfile.lock" }}

version: 2

jobs:
  build: (省略)

  ci-bundle-update:
    docker:
      - image: *ruby_image

    environment:
      TZ: "/usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo"

    steps:
      - checkout

      - restore_cache:
          key: *bundle_cache_key

      - run:
          name: circleci-bundle-update-pr
          command: |
            gem update bundler --no-document
            gem install circleci-bundle-update-pr
            bundle config --local path vendor/bundle
            circleci-bundle-update-pr

workflows:
  version: 2

  ci-bundle-update:
    triggers:
      - schedule:
          cron: "0 0 * * 1-5"  # UTC
          filters:
            branches:
              only: master

    jobs:
      - ci-bundle-update

あとは CircleCI のプロジェクト設定で、環境変数 GITHUB_ACCESS_TOKEN, GIT_USER_EMAIL, GIT_USER_NAME を設定します。

CircleCI 2.0 + Capistrano で自動デプロイ

CircleCI 2.0 で、Rails アプリを自動デプロイする設定例です。

ミドルウェアとして、MySQL と Elasticsearch を使用しています。

2017/11/30 現在の情報となります。


.circleci/config.yml (インデントが 4 スペースの場合があるので注意)

ruby_image: &ruby_image
  circleci/ruby:2.4.2

bundle_cache_key: &bundle_cache_key
  bundle-{{ checksum "Gemfile.lock" }}

version: 2

jobs:
  build:
    docker:
      - image: *ruby_image
        environment:
          DATABASE_URL: "mysql2://root@127.0.0.1/circle_test"
          RAILS_ENV: test
      - image: circleci/mysql:5.7
      - image: docker.elastic.co/elasticsearch/elasticsearch:5.6.4
        environment:
          xpack.security.enabled: false

    steps:
      - checkout

      - restore_cache:
          key: *bundle_cache_key

      - run:
          name: Bundle Install
          command: bundle install --jobs=4 --retry=3 --path vendor/bundle

      - save_cache:
          key: *bundle_cache_key
          paths:
            - vendor/bundle

      - run:
          name: Wait for DB
          command: dockerize -wait tcp://localhost:3306 -timeout 1m

      - run:
          name: Wait for Elasticsearch
          command: dockerize -wait tcp://localhost:9200 -timeout 1m

      - run: bin/rails db:schema:load --trace

      - run: bundle exec rspec --format progress

  deploy:
    docker:
      - image: *ruby_image

    steps:
      - checkout

      - restore_cache:
          key: *bundle_cache_key

      - run:
          name: Deploy
          command: |
            bundle config --local path vendor/bundle
            .circleci/deploy.sh

workflows:
  version: 2

  build-and-deploy:
    jobs:
      - build
      - deploy:
          requires:
            - build
          filters:
            branches:
              only: master

.circleci/deploy.sh (実行権限をつける)

#!/bin/bash

set -ex

cat <<EOF >> $HOME/.ssh/config
Host xxx
  HostName xxx.xxx.xxx.xxx
  User xxx
  ...
EOF

bundle exec cap production deploy

あとは CircleCI のプロジェクト設定で、SSH 鍵の設定を行います。

「ふるふる」のスマホ版ができました

ふるさと納税の返礼品検索サイト「ふるふる」のスマートフォン版ができました。

ふるふる

サービス開始から 1 年ほど経ち、使ってくださる方も増えました。

年末の利用が多いですね。

スマートフォン版は、スキマ時間などに使っていただければうれしいです。

まだまだ改善点はありますが、ゆっくりやっていこうと思います。

どうぞご利用ください。

Git のコミット前に sass-lint を実行する

昨日の記事 の続きです。

sass-lint -v を手動で実行するのは大変なので、git commit 時に自動実行するようにします。


必要なツールのインストール。

yarn add lint-staged husky --dev

package.json に以下を追加。

{
  "scripts": {
    "precommit": "lint-staged"
  },

  "lint-staged": {
    "*.sass": "sass-lint -v -q"
  }
}

.sass-lint.yml を修正して、warning ではなく error になるようにします。

options:
  merge-default-rules: false

files:
  include: 'app/assets/stylesheets/**/*.sass'

rules:
  hex-length: 2
  mixins-before-declarations: 2
  no-trailing-whitespace: 2
  pseudo-element: 2
  property-sort-order: 2
  zero-unit: 2

以上で、Lint が通らないとコミットできなくなります。

参考

sass-lint を導入する

CSS は、Sass (*.sass) で書いているのですが、プロパティの順番をアルファベット順にしたくて sass-lint を導入してみました。


インストール

npm install -g sass-lint

.sass-lint.yml。便利そうな設定もいくつか追加。

必要最低限の設定にしたいので、merge-default-rules オプションは false にします。

options:
  merge-default-rules: false

files:
  include: 'app/assets/stylesheets/**/*.sass'

rules:
  hex-length: 1
  mixins-before-declarations: 1
  no-trailing-whitespace: 1
  pseudo-element: 1
  property-sort-order: 1
  zero-unit: 1

実行します。

sass-lint -v

参考

法人本店移転の手順

一人で会社をやっていて、管轄法務局が変わる法人移転をする場合の方法メモです。

メインタスク

  1. 移転前の法務局に行く (相談窓口があります)
  2. 登記移転をする
  3. 「移転後」の法務局で、印鑑カードの交付申請をする
  4. 移転前の税務署に、異動届を出す
  5. 移転前の都税事務所に、異動届を出す
  6. 移転前の年金事務所に、事業所所在地変更届を出す

TODO

  • 郵便転送手続き
  • 銀行 (法人口座) の住所変更
  • ホームページの住所変更
  • ドメインの住所変更
  • メール署名の住所変更
  • ASP の住所変更
  • 法人クレカの住所変更
  • 個人型確定拠出年金 所在地変更手続き (http://www.benefit401k.com/tanenkin/sbi/)
  • 勤務先の住所変更
  • 会計事務所に連絡
  • 名刺の作成

参考リンク