読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウェブサービスを作っています。

iTerm で Command キーを Meta キーの意味にするパッチ (SnowLeopard, iTerm 0.10)

元記事はこちら。
iTermでCommandキーをMetaキーの意味にするパッチ — ディノオープンラボラトリ


今回は、SnowLeopard で iTerm 0.10 をビルドしてみます。
パッチは gist においておきます。元記事では Command + v を無効にしていますが、このパッチでは有効にしています。
iterm-cmdkey-as-meta-patch-20091118.txt
Objective-C とか Xcode 全くわかっていないので、自己責任でお願いします。

$ svn co https://iterm.svn.sourceforge.net/svnroot/iterm/branches/0.10.x/ iTerm
$ cd iTerm
$ patch -p1 < ~/iterm-cmdkey-as-meta-patch-20091118.txt
$ open iTerm.xcodeproj


Xcode が開くので、

  • 「プロジェクト」→「アクティブ SDK を設定」で、「Mac OS X 10.5」を選択
  • 「プロジェクト」→「アクティブなビルド構成を設定」で、「Deployment」を選択
  • 「ビルド」→「ビルド」を選択

の順に実行。警告が出ますが、しばらくするとビルドが完了すると思います。
完成した iTerm は build/Deployment の中にあるので、これを「アプリケーション」にコピーすれば OK です。


参考:
iTermでCommandキーをMetaキーの意味にするパッチ — ディノオープンラボラトリ
iTerm.app / Bugs / #1489 Compilation fails under Snow Leopard developer beta


直接関係ないですが、この iTerm display profile はいいですね。
Customizing iTerm. Creating a display profile with pastel colors | Dmytro Shteflyuk's Home